当苑のきくらげの成長には沖永良部島の気温・湿度・潮風等が与える影響が欠かせません。
肉厚プリプリのきくらげが育つ沖永良部島はどのような島なのか。一部をご紹介いたします。

隆起サンゴ礁の島、沖永良部島

沖永良部島は鹿児島市から南へ552キロ、面積93.8平方キロメートルの場所に位置する隆起サンゴ礁の島です。
石灰岩に覆われた島で、島内に数多く存在する鍾乳洞や、えらぶブルーの海を見渡せる絶景に恵まれています。

花の島、沖永良部島

沖永良部島は、年間平均気温22度!温暖な気候に恵まれ、四季を通じて熱帯・亜熱帯の花々が咲き、エラブユリ・スプレーキクなどの栽培も盛んです。
こちらのかわいい女の子は和泊町の公式キャラクター「リリリー」。えらぶゆりと沖永良部島のPRがお仕事です♪

西郷どんも過ごした島、沖永良部島

西郷隆盛は島津久光公の怒りにふれ、沖永良部島に薩摩藩の重罪人として流刑となりました。その様子は大河ドラマ「西郷どん」でも描かれ話題となりました。
沖永良部島内には西郷どんゆかりの地が多く存在します。西郷どんにふれる旅に出かけてみるのはいかがでしょうか?

平均気温22℃の島、沖永良部島

沖永良部島は年間平均気温22度という温暖な気候の島です。沖永良部島の海開きはなんと4月!長い期間海遊びができるのも嬉しいです♪
こちらの写真は「ワンジョビーチ」で撮影したもの。大河ドラマ「西郷どん」の撮影地としても使用されました。

鍾乳洞の島、沖永良部島

沖永良部島はサンゴが隆起してできた島であるため、島内には大小200〜300の鍾乳洞・洞窟があります。
沖永良部島の洞窟は水量が豊富で、洞窟内には「リムプール」が広がり、愛好家の間では洞窟の聖地と言われています。沖永良部島に行ったらケイビングにはぜひ挑戦すべき!

ウミガメに会える島、沖永良部

沖永良部島では運がよければ満潮時、リーフ内側の浅瀬に海藻を食べに来るウミガメをみる事ができるかも♪
ビューポイントには無料の双眼鏡が設置されており、ウミガメを観察することができます。

日本一のガジュマルが見れる島、沖永良部島

和泊町の国頭(くにがみ)小学校の校庭には日本一のガジュマルがあります。第1回の卒業生によって植えられました。
和泊町指定の天然記念物にも指定されていて、その迫力に感動すること間違いなし!です♪